真性包茎のままでは結婚は難しいので手術をして治しましょう

常に包皮を被ったままのペニスは包茎です

現在は、家庭での風呂が普通の時代です。かつては、銭湯で大人のペニスを見る機会があり、自分のペニスと比較することが自然にできました。そこで、自分のペニスが包皮をいつも被っている状態ならば、真性包茎であり、手術によって治さなければなりません。そのままにしておくといざ結婚して子供が欲しいと思ったときに困ることになります。ですから、早めに治しておくことが望ましいです。まずは、包茎手術をしているクリニックをインターネットなどで探してみましょう。

包茎手術の前に不安なことは聞いておきましょう

包茎手術を受けると決めても、いろいろと不安なことはあります。男性にとってとても大切なところを手術する訳ですから不安になることは当たり前です。多くのクリニックでは、手術の前に無料でカウンセリングを実施していますので、不安なことはよく聞いて下さい。手術のときの痛みや手術後の後のこと、そして費用のことなど、自分で疑問や不安に思うことは遠慮なく聞いてみましょう。スタッフが明確に答えてくれるはずです。そして、安心して手術に臨みましょう。

包茎手術をして一人前の男性になります

包茎手術をすることで、ペニスの包皮がめくれて、女性との性交がうまくできるようになります。また、これで結婚しても性生活も安心です。あまり話には出ませんが、若い夫婦や結婚したばかりの夫婦にとって夜の営みはとても重要なスキンシップです。また、お互いの愛を確かめ合うことで夫婦の絆も一層深くなります。また、包茎手術をしたことで、希望する時期に二人の赤ちゃんを作りやすくなり、より明るい結婚生活となるはずです。

包茎とは男性の生殖器である陰茎の崎の亀頭部分が包皮で覆われている状況の事で、覆われている具合で真正、仮性、カントン、埋没と分かれます。