ライトな(=正しき)太陽光発電で「エコ・シティ」の堂々実現

地球規模の環境問題を救うクリーンエネルギー!?

太陽光発電による営みは「クリーンエネルギー」を使用するということです。現在「地球温暖化」をはじめ、局所的な大雨や多数の生物種の絶滅・化石燃料の枯渇問題など「もしかしたら今世紀中に地球が滅びるかもしれない」と思えてしまう状況。クリーンエネルギーは地球規模の環境問題の直接的な解決になると言われていますので、いかに多くの方が「総合的なエコ活動」に興味を持って実践するかにかかっている、と表現しても決してオーバーではないのです。

太陽光発電コストとエコの「バランス問題」

理想としては「クリーンエネルギー=エコ」ですが、実際は「材料製作の過程で資源とエネルギーを消費する」点にご注目ください。太陽光発電は「条件が揃うと無敵」である反面、精妙な「コスト」という矛盾点をも抱えています。すなわち「単純に地球上の建物全部に配ればOKということではない」わけですよね。別視点から言いますと「もし核融合発電が実現できれば、皆が安価にソーラーパネルを設置&使用して楽しめる」時代か来るという風に構想できますね。

優先順位を決めて効率よくソーラーパネルを設置

太陽光発電のコストを下げるためには「なるだけ長く使用する」1点に限ると思います。もちろん他に色々と言えますが、物や資源を大切にする日本人には明快な響きでしょう。長期使用のメーカー側の既に成された工夫としては「地震に強い」ことが挙げられます。偶然にしても(若しくは意識的にだとしても)、「原発問題をクリアする形になっている」点は注目に値します。小規模な建物ではなるべく大きなエネルギーを使わずに、大規模な建物や日中大きなエネルギーの使う施設にて、長持ちする技術と環境整備を同時に施しながら「太陽光発電システムを設置する」ことで、きれいなエコ・シティが実現できると感じ、パッと明るくなりますね。

固定価格買取制度の普及で、ざまざまな場所で見かけるようになった太陽光発電。売電価格が徐々に下がってきてはいますが、自前で発電所を作る必要はありません。それが、投資で利回りを得るのが太陽光発電投資です。