電子機器のノイズをはかるためのEMC試験

意外と身近にあるEMC試験合格商品

まずはパソコンの近くにラジオを置いてみてください。ラジオとつけると雑音が入っていませんか?これはパソコンから妨害電磁波が放出されることでラジオの機能を阻害しているからです。このようなある電子機器が別の機器からの妨害電磁波を受けたとしても、その機器は機能や動作を阻害されないかを測定する試験のことを、EMC試験といいます。誰でも普段使っている電子機器にそのような妨害される電磁波を受けてまともに動作できない、なんてことがあれば良い気分はしないでしょう。

EMC試験の測定の中身

では、EMC試験は具体的にどんなことをしていくのでしょうか?EMC試験において機器の測定には2つのパターンがあります。一つは伝導エミッションと呼ばれ、電線を伝わってきたノイズを測る方法です。もう一つは放射エミッションと呼ばれています。これは、電波となって放たれたノイズをアンテナでとらえて測る方法です。伝導エミッションは電線を伝わるので目に見えて結果がわかりますが、放射エミッションは空間に放出されるため専用のアンテナを使う必要があります。

EMC試験は対応してくれる機関へ

通常EMC試験は専門の会社に委託することで対応してもらえます。新しい電子機器を開発したけど別の機器の影響を受けたりはしないかを調べる際はそれを専門としている機関に依頼をしたほうが良いでしょう。EMC試験は予備試験から認証試験、現場測定と様々なパターンがあるので、どのようなパターンを試してみたいかは専門の機関に相談したほうが良いでしょう。新製品が他の機器から影響を受けて使えませんでした、ではその商品を作った会社の信頼問題にも関わります。

EMC試験とは簡単に説明すると、電気機器の耐性テストのことです。機器が外部からの妨害な電波などに阻害されずに動くかを試験します。